脊柱管狭窄症の痛みを改善

ヘルニア予防は歩く事

私は腰痛持ちでもあり、股関節の怪我もしました。ですので、腰の痛みに関しては本当に良く解ります。酷い症状の時は松葉杖を使っての生活をしていましたので、手術こそしなかったものの、ヘルニアと聞くと他人事の様には思えないのです。

 

椎間板ヘルニアの仕組み的な事を言ってしまえば、背骨の骨と骨の間のクッションの様な役割をする椎間板の一部が正常な納まりをせず、骨の間に飛び出してしまった状態で、その飛び出した部分が神経を圧迫したり、腰の動きの妨げをしてしまうのです。単なる腰痛に限らず、下肢の痺れや不自由などが症状として見られます。痛みが発展して運動神経の麻痺に繋がる事もあるようです。

 

症状としては、足の痛みと足のしびれそして坐骨神経痛が主な症状です。
手術やブロック注射などもありますが、自分で予防しながら治したいものです。

 

そうした痛みに見舞われた場合、まず検査を受けるのが早道ですがレントゲンを撮って、脊椎の骨の変形を見る。MRIで椎間板の飛び出し具合や変形を確認するのが一般的な検査です。そうした検査の結果、治療を開始する訳ですが、原則としては保存療法を行います。

 

飛び出した椎間板を元に戻せば早い話しなのですが、中々簡単ではありませんので、軽度の場合には、鎮痛剤を服用する、運動(ストレッチ的な事)、牽引療法(上半身と下半身を器具で固定して、腰の辺りを引っ張る)などの治療が施されます。それよりも痛みが酷い場合には神経ブロック注射を行う事や、リハビリとして運動療法による股関節周りの筋肉や腰痛体操を治療として継続していきます。

 

もしそれでも症状改善していかない場合には、切開手術をして、坐骨神経痛の病変部を取り除きます。

 

友人が椎間板ヘルニアの手術をしましたが、手術自体は麻酔がかかっていて、痛みなどは殆んど無かったと話していましたが、大変だったのは術後のリハビリで、切開した部分が上手く回復するか否かと言う部分と、リハビリとして運動機能を回復させてあげる事。

 

腰に負担をかけずに脊椎の回りの筋肉を強化して、同じ症状が発生しないように心がける事に苦心したそうです。

 

私事ですが、ヘルニアではなく「ぎっくり腰」も癖になるので、ヘルニアの術後のケアと同じような事をしていかなければなりません。基本的には正しい姿勢を保ち、良く歩いて腰周りの筋肉を鍛えてあげる事。その反復で腹筋・背筋を鍛えてあげる。そうした事で骨がずれ易くなるのを防いでいきます。

 

歩く事がどんどん少なくなり、パソコン作業など座った状態で体を固めてしまう姿勢が多くなる現代の生活では、ともすると、腰や首周りに凝りや炎症が起き易くなります。椎間板ヘルニアもその一つと言ってよいと思います。

 

腰痛や下肢の痺れが続くようであれば、その疑いが強いと思いますので、怪しいと思ったら、すぐに病院を訪ね、検査をして貰う事をお薦めします。

 

早めの予防が何より大切ですし、それを契機に生活習慣を見直す事も大事です。良く歩き足腰を鍛える生活に戻しましょう。

メニュー