副鼻腔炎

とつぜん発症したアレルギー鼻炎

慢性的に鼻詰まりが続いたため、耳鼻科で診察してもらいました。しかし検査結果は、アレルギー性鼻炎です、その一言でした。私は突発的に出るじんましんの症状も持っているのですが、その時も同じく、何かのアレルギーですね、とのことでした。アレルギーは原因を突き止めることが難しいと聞いたときは、どうしたらよいのだろうと思い、薬による体質改善も考えましたが、鼻炎に限っては、季節の変わり目や気温が低くなったとき、埃っぽい場所に行ったとき、花粉の季節など共通した条件下で鼻づまりが起こる事が多かったので、そういうものなのだという認識で済ませました。それからは、部屋の掃除をするときや、ほこりの舞うような場所では、マスクは欠かせず、すぐに鼻がかゆくなってしまいます。しかし、特にひどい時は鼻づまりで頭痛や頭がぼーっとしたり、眼球疲労のような目の奥の痛みなどを感じる時もありました。そのようなときは鼻で呼吸することはほぼ不可能で、夜寝る時は息苦しく、朝起きた時は口呼吸をしていたからか、喉が乾燥し、いびきも目立つようになりました。私は鼻水がたくさん出るようなアレルギー鼻炎ではなく、鼻の奥の方でつまり、鼻水が出なくて苦しいというケースで、なかなか鼻が通りスッキリすることはなく、慢性的になってしまいました。薬も何度か試したことはありますが(ひどくなり蓄膿症になった時)症状は緩和されたものの、またすぐにぶり返してしまい、自分に合った薬を探す必要があると感じました。慢性の副鼻腔炎や蓄膿症が原因の頭痛や目の痛み匂いを改善

メニュー